忍者ブログ
プロフィール
HN:
有瀬
性別:
非公開
自己紹介:
おもな活動ジャンルは、モノカキ。
レビューやコラムが中心です。
あと、相方専属だったコスカメラマンのおしごとを、今後、ほかの方も撮影分野に入れたいなと思います。

一哉の検定なんぞつくってみました ^^
ブログパーツ用に加工してあります。
よかったら持ち帰ってやってくださいね。

ほかのラプリたちの検定も、時間が許せばつくるかも。

【お持ち帰りはこちらから★ミ】

カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
アクセス解析
カウンター
最新CM
[08/07 ろくわ@今日も夜更かし]
[08/01 犀]
[12/10 ろくわ@追い込み校正中]
ブログ内検索
[918] [917] [916] [915] [914] [913] [912] [911] [910] [909] [908]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はるか4フルコンプしました ^^
忙しい中、ちょこちょこゲームをすすめているろくわですー。

1月後半からちょっとしたセレモニーを超えることがありまして、
改めてジブンはしあわせものだなあと感じています。
これからもどたばたしますが、よろしくおつきあいいただければ
幸いです ^^

次の仕事に向けて準備があるため、今日は生存確認のみ。
続きに、ある日の妄想を書き落としておきますね。

ええ、もうはるか4で誰にはまったか、だだわかりの内容です ^^;

布都彦
「ああ…私はいったいどうしたら…!」

サザキ
「なんだなんだ?布都彦、えらいにぎわってるな」

布都彦
「あっ!サザキ殿!!」
サザキ
「見た感じ困ってるようだが…その、なんだ。なんかあったのか?」

布都彦
「え、ええ…それが…」



「ああ、なんて嘆かわしい…我が君ととこしえの時をともにするのは、
 軍師たる私の使命と心得ておりますのに」
那岐
「うさんくさい軍師は黙ってなよ。ていうか、順当な血筋からして、
 千尋には王族に連なる僕が妥当だと思うけど?」
忍人
「それは違うな。家柄のみで言えば、葛城だって十分二ノ姫の伴侶と
 なるに足る」

遠夜
「…神子は、俺のワギモ…遙かなる時空を超えて、出会った。
 …もう離れられない…」

風早
「姫は俺が育てたんだ。血筋とか前世とかは関係ない、
 神をも救った彼女のことを、あきらめることなんかできない」


サザキ
「…なんだ、ありゃ」

布都彦
「二ノ姫が誰を選ぶのかについて、論議がかもし出されている
 ようなのです。どなたが言い始めたのか定かではありませんが…」


「私の忠誠は、姫のもとにあります。指先への口付けが何よりの証」

忍人
「なっ…柊、貴様…っ!!」
遠夜
「神子に触れる…ワギモを胸に抱く…土蜘蛛もヒトも、関係ない…」

那岐
「へえ…遠夜もけっこう手が早いんだね。まあ、僕は千尋と一緒にお風呂
 入ったりしたことあるけど」

忍人
「!!!」
風早
「那岐、それは君が中学校へあがるまでの話でしょう。俺は姫の
 初潮の世話もしたし、それ以降も姫と触れる機会はたくさんあったからね」
忍人
「し、しょ…!!!」

サザキ
「…あーあーあーあー、忍人…崩壊寸前だぜ?」

布都彦
「しょ…!!!」
サザキ
「って…ここも、許容の限界超えてるな…おーい!お前ら、少し
 落ち着いて話をしたらどうだ??!」



全員
「「「「「外野は黙ってろ(て・なさい)!!!」」」」」


サザキ
「…さいですか…」
布都彦
「……(ぱくぱく)」


アシュヴィン
「…ん?皆は何をこんなに言い争っているんだ?」


サザキ
「なんだ、あんたか。見てのとおりさ。姫さんに似合うのは誰か、
 醜い言い合いが続いているわけよ」

アシュヴィン
「二ノ姫の…?」



アシュヴィン
「言い争うも何も、既にあいつは俺の妻だろう?」


全員
「「「「「「「!!!!!!!!」」」」」」」」

-----
アシュの、「二ノ姫は俺の嫁」的な振る舞いが大好きですww
ひさびさのヒットキャラでした…コミックスも買いにいかなきゃ ^^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]