忍者ブログ
プロフィール
HN:
有瀬
性別:
非公開
自己紹介:
おもな活動ジャンルは、モノカキ。
レビューやコラムが中心です。
あと、相方専属だったコスカメラマンのおしごとを、今後、ほかの方も撮影分野に入れたいなと思います。

一哉の検定なんぞつくってみました ^^
ブログパーツ用に加工してあります。
よかったら持ち帰ってやってくださいね。

ほかのラプリたちの検定も、時間が許せばつくるかも。

【お持ち帰りはこちらから★ミ】

カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
アクセス解析
カウンター
最新CM
[08/07 ろくわ@今日も夜更かし]
[08/01 犀]
[12/10 ろくわ@追い込み校正中]
ブログ内検索
[208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

眞美ちゃんから「ボイスニュータイプの岸尾だいすけが犯罪的にかわいい」とのお達しを受け、
連日深夜まで働いていたジブンねぎらいにと、今日は定時ダッシュで本屋に。
でも、バイトで入っている本屋さんには、そんなシロモノありませんでした。まあ、本屋といえどもちさいからなー。

そこで、ただ岸尾くん見たさに、隣駅までてくてくてくてく。
たどり着いた先は、紀伊国屋書店。で、ラストワンがありました!





…(読んでます)





ていうか、チェロと福山潤でしょ!!!←どうやらかみしめていたらしい

やや。確かに、フルートを食べんばかりの(苦笑)岸尾くんもものっそかわいかったのですよ。お持ち帰りしたいくらい。
表紙とか犯罪的にかわいい。森田くんも好きだから、3年B組ってだけでテンションあがる(笑)

でも、福山くんのあの下目遣いは反則だ…(有瀬は下目遣いによわい。しかも、ひとえの男の人がけっこう好きだったりする)

なんだか、志水なのか福山くんなのかあやふやになりながら、ひとり本屋でキュンキュンしてました。ひえええええ。

それを、なんとかやりすごして(よくやったジブン)、今度はCDやさんに。
というのも、ボイニューを我慢できたのは…記事を読んでいるうちに、フルキスのシングルがいいかげんほしくなってきたからなんですよね。
オンラインな家政婦のみなさんは、いろんなところで悲鳴をあげられていました。レポをこれまで読んできたけども、ジブン焦らしも、そろそろ限界(涙)
松川兄弟に癒されたい…プリンスたちに誘惑されたい…(ほわん)

お財布に残金があまりないのを苦々しく思い、ここはカードで一気買いしました。えーいっ!
よろよろのまま帰宅して、エンドレスに聴いてます。

…え、

えらいCDや…(汗)

以下、簡単な感想。
これ、レビュー書きたいかも…。

「癒しのMuse」松川依織&松川皇(佐々木望&坪井智浩)
 これは、ただひたすらにすれ違ってて、ほんと苦しかった…。
 依織のモノローグだけ聞けば、彼がむぎたんによってどれだけ救われたか、
 今までどれだけ苦しんできたかというのが伝わり、「ああ、むぎたんに
 受け入れてもらえて、よかったね…」と…喜べるんですけどね。

 なのにおにーちゃん、実弟に非常に容赦ない(汗)

 皇は純粋に依織との関係を修復したい、赦されたいという気持ちが
 いっぱいで、こちらもきっかけがむぎたんという不幸なめぐり合わせ。
 依織は依織で、過去皇によって奈落をもたらされたことを忘れられず、
 敵意むきだしの「俺」バージョンで終始語りつづけ…。

 つき放す依織と、歩み寄る皇とのすれ違い語りが、切ない…(涙)

 これは、歌にもあらわれていました。松川さん、ほんま怖ええ…。
 望サンと坪井サンとの声は意外に相性がよく、Museの曲自体もとっても
 よい感じで。松川兄弟がこんなロックでくるとは思わなかったなあ…。
 ふっと気を抜いたときに、素で「俺の大切な宝に近づくな~♪」
 口ずさんでいる自分が怖いです(笑)それくらい好き。

「今宵CEREMONY」御堂一哉&一宮瀬伊(荻原秀樹&成瀬誠)
 …無条件で、好き…(爆)

 もう。このCD聴いた瞬間、今まで必死こいて働いてきた自分が浮かばれた気、
 すごいしましたもん(単純)
 やっぱりオギさんの声が好きー!なるなるの声も好きー!!!

 ユニゾンやかけあいで歌うのはなかなかなかったことだけども、こちらも声の
 相性がよろしい。オギさんが上でなるなるが下ってのも新鮮だなあ ^^

 深読みしたら、むぎたんを手に入れて余裕ぶっかましている一哉が上で、
 したたかに狙っている瀬伊が下を歌っている…この瀬伊の黒々しさが、
 瀬伊ずきにはたまらないのです。何度転がり落ちたか。ふとんを叩いたか!

 ぎぃああああ!!(また聴いておちてます)

 このふたりにおいては、モノローグもかなり対照的です。
 そりゃそうだよね。かたやつきあって1ヶ月、ラブラブっぷりをかましている
 ヘタレ一哉と、
 まだ一哉がむぎたんに手を出していないのを見計らって、虎視眈々と狙っている
 真っ黒な瀬伊と。
 このどちらもが…好き。むしろ、瀬伊はこのくらい黒いほうが好きだ…。
 一気に瀬伊株が上昇しました。おかしいなー。一哉が一番なはずなのになー。
 なるなる、グッジョブ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]