忍者ブログ
プロフィール
HN:
有瀬
性別:
非公開
自己紹介:
おもな活動ジャンルは、モノカキ。
レビューやコラムが中心です。
あと、相方専属だったコスカメラマンのおしごとを、今後、ほかの方も撮影分野に入れたいなと思います。

一哉の検定なんぞつくってみました ^^
ブログパーツ用に加工してあります。
よかったら持ち帰ってやってくださいね。

ほかのラプリたちの検定も、時間が許せばつくるかも。

【お持ち帰りはこちらから★ミ】

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
アクセス解析
カウンター
最新CM
[08/07 ろくわ@今日も夜更かし]
[08/01 犀]
[12/10 ろくわ@追い込み校正中]
ブログ内検索
[817] [816] [815] [814] [813] [812] [811] [810] [809] [808] [807]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、麻生コンプリートから間があいてしまいました。
別に余韻に浸っていたりはしてません。普通に忙しかったです(汗)
働きづめろくわですー。師走ってことをビシビシ感じてますなー。

ラブラビのことはネタバレになるため、続きへ。
まずは、1件告知から。

冬コミ29日には、Anniversary Projectのアンソロをひっさげて
ろくわも手売りをおこないます。
スペースNo.は、アンソロ告知ブログにてご案内しますね。

で、
先日、3種類×12本で急ごしらえした、ラ・プリンスをイメージした
天然石ブレスレットがありましたよね。こちらを冬コミで販売することが
決定しました。
アンソロブースの一角へ、置かせていただきます。
以下がラインナップです。

--【数量限定販売・天然石ブレスレット】---------------------------
イミテーションキャッツアイ・クラッククォーツ・各色天然石を用い、
ラ・プリンスをイメージしてこしらえたブレスレット。
冬コミで、数量限定販売します。現在の在庫限りです。

各ブレスレットには、天然石取扱に関する仕様書と、ブレスにちなんだ
ミニミニSSをおつけしています。

■単価 500円(冬コミ特別価格)
 ※ほとんど材料費のみの値段です。気になる方は、以下の仕様にて
  各色石の単価を検索してみてください。
■仕様
 <一哉をイメージしたブルーモデル>
  イミテーションキャッツアイ  8mm×14個
  クラッククォーツ(水晶)   6mm×7個
  ソーダライト         4mm×7個
  仕様書/オマケSS 『ただひとつだけのもの』 付
  
 <依織をイメージしたパープルモデル>
  イミテーションキャッツアイ  8mm×14個
  クラッククォーツ(水晶)   6mm×7個
  アメジスト          4mm×7個
  仕様書/オマケSS 『かわいい逆襲』 付
  
 <麻生をイメージしたイエローモデル>
  イミテーションキャッツアイ  8mm×14個
  クラッククォーツ(水晶)   6mm×7個
  タイガーアイ         4mm×7個
  仕様書/オマケSS 『いつも願ってる』 付
  
 <瀬伊をイメージしたグリーンモデル>
  イミテーションキャッツアイ  8mm×14個
  クラッククォーツ(水晶)   6mm×7個
  フローライト         4mm×7個
  仕様書/オマケSS 『この石に誓って』 

 ※在庫のみの販売とさせていただきます。お取り置きはできません。
 ※SSのみの販売はできません。
 ※スペースがYo-Jin-Boスペースなので、オマケはラ・プリンスのほかに
  用三郎心ノ介泰乃丞一刀斎ミニミニSSが選択いただける
  …かも!しれません! ←これからとりかかるため未定
-----------------------------------------------------------------

数に限りがあります。たいしたものではありませんが、心をこめて
作っていますので、ひとりでもたくさんのお客さんにお求めいただきたいなと
思っています。
現在、梱包準備中ですー。


あとは、ちょっとくすりとした話をのせようかなー。

週末、山のような原稿に囲まれながら、ipodに華燭を入れようと
準備していたのですよ。
インポートして、ライブラリへ入ったものをざっくり見て、一瞬
目が点になったのが、曲についているタイトルラベル。

○モノローグ1
○華燭の空
○モノローグ2
○華燭の空(カラオケ
○モノローグ3


……
………カラオケて!(ビシ) ←やっぱつっこんどかなあかんでしょ


PCで内容を確認しなければ、おそらく出会うことはないタイトルラベル。
itunesで編集をするようになれば、嫌でもお目にかかるものだったりします。

実はフルキス関係、このタイトルラベルがけっこうフリーダムです。
ろくわがそう見えるだけなんかなー。
荻原秀樹(御堂一哉)と御堂一哉(荻原秀樹)の混在松川さんの名前が
『伊織』になっているCD
、タイトルラベルが単純に数字だけになっているもの…。
なぜか瀬伊(というかなる)のCDだけ、しっかりしてたりするんですよね。
モノローグにはサブタイトルついてるし、CV成瀬誠って入ってるのもあるし。


いや、でもね。
たいていどの曲も、Instrumentalって入ってたんですよ。音だけのって。
ここ最近のフルキスソング、どれにも。ちゃんとチェックしてるはずなので
間違いないです。


……カラオケて!(ぷくく) ←まだ笑ってる

いやー。ある意味、一哉って時空を超えたストーカー★らしいですから(伊藤P公認)
昭和くさく、カラオケってのありだと思うのです。
むしろカラオケでいいです。というか、カラオケにしといてクダサイナ!

…ぷくくくく ←しつこい


君を作るもののイメージがすごくて、スタートダッシュに勢いがなかった
華燭。
今となっては…これはこれで、聴きこめば聴きこむほど、一哉っぽくて
好きかなーと。月光といい勝負?
石井先生、素敵なオシゴトしてはるなー。
やっぱ、月光~もそうやけど、一哉の曲ってギターがギュオーンと
うなってなんぼ
や思います。ギターといえば、Museのギターも好き。

作品の世界観を踏襲するねおろまシリーズとは違い、バンドっぽさが
プラスされたフルキスのキャラソン、ろくわはこっちのほうがしっくりきます。
ラブラビで挿入されてても、違和感なかったもんね。
ただ、麻生は曲の絶対数が少ないため、ままならなくなってるか(熱情)
スカッとズバッとスキッとしてるか(流星)どちらかしかないのが残念(笑)
これは、続く他のシナリオに期待、ですな。


ということで、普通の日記はここまで。続きは、拍手返信とラブラビ感想です。
お待たせしました。みーみー泣いたろくわの痴態をさらしておきますね(苦笑)
拍手だけの方も、ありがとうございますv


>12/22 3時 伽耶さん
じ じ じ
潤くーん!(ぎ ゃ ぼ - !)
知りませんでした知りませんでした、ひさびさ動く潤くん見ました!!
ぎ ゃ ぼ - ! ←もうええです(苦笑)

…いやあ。メリクリに、原稿漬けでかなりクサッてたんですけども。
ひさびさの辛口潤くんで癒されました… ←癒されるんか?!
やっぱり、ろくわのイチオシひとえ…もとい。王子様です…ww

貴重な情報、ありがとうございます!
そして、メリクリです(><)素敵な聖夜をお過ごしくださいませ。。。


さて、つらつらと語っていきましょーか。ラブラビ。
今回、このシナリオのボリューム、濃密さ、価格、配信の頻度、スチルの数、
スチル展開など…やっぱりファンをだいじにするカ●コンさん、いいオシゴト
してはる!
と高得点…つけ、たいの、でーすーがー!

ただひとつ、残念なこと。
すでに林檎ユーザーさんが怒ってはりますよね。ハードを選びすぎるって。
そしてここにきて、ろくわも大きな壁へぶつかってしまったようです。


PS2は、ハード環境にそんなに違いがありません。みんなほぼ同SPECのPS2を
使っているという前提があるからです。(発売元が同じですからね)
ところが、PCになると、ハードの環境にめさめさ依存します。
ゲームがさくさく動くかどうかは、PS2ほど保障されてないってことですね。

一人ひとりのPC環境、違いすぎます。SPECだけではくくれないものがあります。
ろくわがぶつかった壁は、他のソフトとの干渉でした。
とくに、ウイルス駆除ソフトのメモリ使用割合が大きくて、ラブラビランチャーが
うんともすんとも言わなくなったのは、痛かった…。
(1回あまりにもメモリ食べすぎちゃって、スチル絵読み込みでエラーが出たり。
そのままフリーズして再起動したり)
かつ、メモリがオーバーヒートして、セーブ・ロード。うまく働きません。
いつも一哉の声で、 『読み込みに失敗したようだ』って言われちゃうのです。
しょんぼり。(あとでサポートセンターにも連絡しとこ)

なので、本編以外のメッセージも、かなり聞き込んでますよ。
ロードの失敗メッセージとか。一定時間なんにもしないでいると、やおら
葵が『君の気配を感じませんね』って言い始めたりとか(笑)
↑攻略キャラぶんメッセージはあると思います 麻生にも起きろって言われたし


まー、しょんぼりなハード面はおいといて。
ラブラビランチャーの使いごこち、インターバルシステムについては、
かなり満足です。ランチャーかわいい。そしておもしろい ^^
インターバルシステムは、麻生←→瀬伊のメールやりとりを見て、
これは採用してくれてありがとう!ってモダモダしてました(笑)

すぐに電話をかけたがる麻生がかわいすぎる(おとこのこやなー)
馬鹿→メガ馬鹿→ギガ馬鹿→テラ馬鹿 と変化させる瀬伊がすてきすぎる(笑)
んで、メモリ登録も、麻生はフルネームで入れてるのに、瀬伊は『羽倉』
『瀬伊』としか入れてないってところ、こだわってますねー。
ふたりの違いが見てとれます。実は麻生シナリオで、一番好きな部分です。


スチル絵追加が4枚、少ないとみるか多いとみるか。
コマの視点移動が斬新で、ろくわ的にこれはありだって思いました。
一枚絵よりも、動いてる感じがあるよね。佑羽センセのイラストも安定してるし ^^


麻生を一気にプレイして思ったんですけど、前後編で配信されても、きっと
ろくわはこらえられないから、後編出てからまとめ買いかなー、と。
前編がかなりいいところで終わるのと、フラグを立てるポイントをつかむのとで
通しプレイがいい気、してます。…って、げーまーの血がうずいてるだけ?

シナリオの中であらたに収録された曲を含めて、いろいろとインストが流れます。
麻生は曲の絶対数が少ないため、熱情か流星かのコンボです。
まあ、曲の絶対数は皇も少ないから、そこはMuseなんだけどね。

話前後してあれですが、生徒会組(麻生&瀬伊)がメールやりとりする
インターバル、BGMで星影流れてるんですよね。
あの、マターリとした、みょ~んってイントロが、不可思議なやりとりをする
メール内容にぴったりです(笑)
麻生スキーな家政婦さん、瀬伊スキーな家政婦さん、あそこだけは見て!!
ろくわ激おすすめなのでww


んで、ようやくシナリオ。これも語ると長いよ(笑)
とりあえず麻生はコドモだなーと、松川さんオトナゲナイなーと。
1行で終わる感想も、開いてみたら泣いたり笑ったり机に頭ぶつけたり、
すごかったです。

松川さん怖い。絶対ろくわなら落ちる。落とされる。食べられる。
こう、気持ちがよわーくなってるときに、絶妙なタイミングで
罠をしかけてきます。
ずっとエスコートしてくれるしね。
それから、麻生なら絶対言わない言葉をくれる。麻生のことを叱って、
たしなめてくれる。

でもそれが全部松川さんの策略で(ひえー!)いいよって言った瞬間、
暗転してペロリといただかれちゃいましたしね…。し、仕事は?!松川さん!!

松川さんの『俺に、興味はない?』破壊力絶大です(汗)
ある。おおいにある。ありまくりです。でも、麻生を捨てることもできない… orz

むぎには麻生がいるのに自分とつきあってほしい、自分はそれでも
かまわないって…ほんきで松川さん、勝負に出たなって感じです。
このルートに入れば、樋山の存在がまるでなくなります(笑)
ちょっと、初回から濃厚すぎた…でも、こんな松川さん、嫌いじゃないなあ…。


麻生とのすれ違いは、序盤からろくわ泣きました。
なんでこうなっちゃうんだろうって。お互い好きなのにねって。
プロムの夜、失敗しちゃった(鼻血て!てっきり女の子の日か思ったのに)
麻生が焦るのはよーわかる。キメたかったんだよね。
んで、初めてだから、やたらとむぎを意識しちゃうのも。
こらえきれなくて、学校とかで暴発しちゃいそうになるのも。

でもなー。だからと言って、女の子に言っちゃいけないことって、あるわけで。
麻生の気持ちを知らない状態でむぎ目線になってみると、いやー。つらくて、もう。
思わずめそ泣きして、序盤で麻生を叱ってくれた瀬伊に、ほんきでフラグが
立たないか探しました(苦笑)
いや、もういっそのこと瀬伊の彼女でいいよ…。
こういうとき、おんなのこのあしらいうまいキャラって、癒されます…。


ただ、麻生のラストはよかった。これもかなり泣いた。かわいすぎた…。
危機を乗り越えて、ふと自分に素直になれたとき、どうしようもなく謝りたくなる。
その気持ち、わかるなあ。

チラシの紙吹雪って!?という時代錯誤な演出も、フルキスならでは。
『ごめん』『俺が悪かった』『お前のことが好きだ』なんて、ストレートな言葉。
麻生じゃなかったら言えないよね。…ってことで、また涙じょー。

…よう泣きますろくわ(苦笑)お互い初めてだから頑張ろうって、なんてほほえましい。
ろくわはその感情をどこに忘れてきたんやろ(あはははは わらっとけ)
松川さんルートのインターバルで、けだるーいその後が書かれていたのとは対照的に、
麻生とむぎとが迎える初めての朝は…なんというか、こっちが照れるというか(汗)
やっぱり麻生がコドモで、でも、すごくかわいかったですww
ふたりの対比は、かなりバランスよかったかも。これは依織ルートの麻生に、
期待がもてますなー。


あ。
樋山のこと忘れてた(苦笑)

途中から、フラグが立てば(松川さんを振って)樋山ルートに入るんですけども。
…えっと…なんというか…。ぷくくくく。 ←もう笑ってる
こ、これ、サブルートというよりは、お笑いルートというか…。
ういういしさも度を越して、楽しくてしかたないというか…ひ、樋山はこういう
キャラやったっけ…??(汗)

大橋さん、また迷言うんでます。
壁に向かって立ってればいい!とか…樋山でなかったらよーいわん(笑)

樋山では、個人的におすすめなのが、一哉のまねをしてびっくりさせるとこ…と、
公園までの道のりで、一哉について尋ねるとこ。
このこ、どんだけ一哉のこと好きなんですか(笑)
って、一哉がらみでスミマセン…。
やって、一哉たりひんのやもん…。ポジション的にお父さんって、せつなすぎる…。

個人的に、どじっこ宝珠ちゃんが好きなので、彼女と樋山とがうまくいってくれたら
いいなー、なんて思ってます。
利安さんよりは好きだぞー。キャラかぶるけども。


さー。これでひととおりラブラビについては語ったかなー。
システムのうにょうにょ感さえのぞけば、かなり満腹・満足な仕上がりでした…。
やっぱり伊藤Pはカミサマだ…。もう好きすぎてしかたない。どうしましょ(汗)

続く松川さんシナリオも、期待してますww
麻生ー!まっててなー!!! ←やっぱり麻生?!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]